ブロッコリー

家で作るのが食事療法では一番よいといっても、今まで料理や栄養の知識があまりなかった人が、いきなり料理を始めるのは本当に骨の折れる作業です。
厳しい制限にストレスをためてしまっては体に余計に良くないですね。
そこでおすすめしたいのが宅配サービスを利用することによって食事療法をしていくという方法です。
今では、宅配サービスも様々なものがあり、高齢者向け、単身者向け、そして病気の人向けのものも沢山出ています。

多種多様な野菜

宅配サービスを利用する際は、塩分、カロリーなどはっきりと表示されているものが良いでしょう。
毎食食べる時も、できれば表示に目を通しましょう。
だんだんと、これくらいの分量だと塩分はこれくらいで、タンパク質はこれくらいだな、と分かるようになってきます。
自分が調理するときにも参考になります。
忙しい人には冷凍保存できるタイプもあります。
まとめて注文することで割安になったり、おかずのみの単品物もあったりするので、予算に応じて選びましょう。
もちろんおいしいくて安心できる業者を選ぶことは必須条件です。
食事療法は自分に負担のない方法で実践することです。

さまざまな野菜

本格的な食事療法が始まると、ほとんどの人が何をどのくらい食べればよいか戸惑うことです。
食事療法の基本は腎臓における病気の症状に応じて医師や管理栄養士から指示がだされる必要量の栄養を正しく摂取することです。
だからと言っていきなり自分でコントロールすることは不可能に近いのです。
そこで腎臓病や糖尿病などで出ている食事制限に適した宅配の弁当などで感覚を身につけることが必要になります。
専門の宅配弁当では腎臓などに負担の少なく栄養のバランスのとれた内容で自宅まで宅配してくれます。
その内容を参考にすることで外食をする時にもメニューを選ぶ参考にもなります。

和食

不幸にも腎臓病と診断された場合には、医師の指導のもと治療を始めることになります。
主な治療は薬物療法と食事療法があります。
薬物療法は医師の処方を正しく服薬し改善に向けていきます。
食事療法は体内に取り入れる栄養をコントロールすることで腎臓への負担を軽減していく事を目的に行います。
腎臓病の食事と言えば塩分を減らすイメージがありますが、たんぱく質の制限も大変必要になります。
患者それぞれで必要な摂取量があるため、管理栄養士の指導に従い栄養バランスのとれた宅配の食事などで工夫することが大切です。

宅配

一口に腎臓病といっても、原因や症状の違いがあり、様々な病状がでることが知られています。
腎臓の主な機能はいくつかあります。
その一つに体内の老廃物の排泄があります。
腎臓に送られる血液の中から老廃物を濾し取り、尿として排出します。
次に体液の維持です。
体内の水分やナトリウム、カルシウム、リン、カリウムなどの物質を一定の割合に保つようにコントロールしています。
これらの機能が損なわれると診私たちの体に様々な症状が出てきます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
August 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031