糖尿病になったら|食事のバランスに気をつけよう

料理

病気を防ぎ健康を維持する

和食

医療機関での指導を受ける

総合病院には入院施設が一般的にあるので、管理栄養士が居て食事の管理を行っているようです。そのため、病院での食事はカロリーや栄養バランスを考えながら、患者に適した食事が提供されます。しかし、総合病院でなくてもかかりつけの病院があったり、主治医が居る場合はその医療機関で食事指導を受けることが出来ます。糖尿病は現代病の一種であると言われ、多くの人が発症している病気の一つです。肥満の人や中高年世代に発症が多いと言われていましたが、現代では若い人や肥満でない人でも糖尿病を発症するケースが増えています。それだけ普段の食生活が乱れて、偏った栄養を摂り過ぎていることが考えられるのです。そのため、プロの指導を受けながら食事改善をしていく必要があります。

自炊で加工食品を減らす

糖尿病の要因となるものが、インスタント食品や冷凍食品などの加工された食品になります。加工食品は基本的にカロリーが高いものが多く、塩分が多かったり糖質が多いものがほとんどです。現代では仕事や育児に追われて、忙しい人も多く自炊せずに外食をしたり、加工食品を食べて済ませる人も多いと言われています。それによって、より短時間で食事の支度が出来て、空いた時間を別のことに費やせるからです。しかし、健康を考えると、加工食品を減らすために自炊をしたほうが良いでしょう。糖尿病の改善には食べていけないものはなく、何を食べても良いですが少量に控えめにすることが求められます。病院での指導を受けながら、工夫して自炊をしていきましょう。

バランスの取れた食生活を

女性

恐ろしい合併症を引き起こす糖尿病を予防するためには、普段の食事に気をつけなければなりません。調理法や使う食材を工夫することで効果的な食生活を送ることができます。また、栄養バランスに優れた糖尿病食はダイエット効果も期待でき近年では人気が出ています。

詳しく見る

美味しく食べて健康に

食事中のシニア

糖尿病は食事制限をすることで大きな効果を上げますが、美味しい物を我慢しなくても糖尿病の治療に効果的なメニューを作ることが出来ます。それは、血糖値の急上昇を抑える働きのある食材を選んでメニュ―に取り入れたり、調理の際に油や塩分の代わりにハーブやスパイス、酢や牛乳などを利用してカロリーを抑えることです。

詳しく見る

血糖値を抑えるメニュー

料理

糖尿病2型は、普段の生活習慣や暴飲暴食、肥満などが引き金となって発症する病気です。一度糖尿病になると、長期にわたっての食事制限や血糖コントロールが必要不可欠です。毎日の食事をおいしく楽しめる工夫をすることが大切です。

詳しく見る